STAGE SCHEDULEドイツフェスティバル2017 ステージスケジュール

日程、時間などは変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

  • ステージスケジュール
  • ワークショップスケジュール
  11/2(木) 11/3(金) 11/4(土) 11/5(日)
11:00~11:15        
11:15~11:30        
11:30~11:45        
11:45~12:00        
12:00~12:15   12:00
STIHL プレゼンツ
チェーンソー
カービング パフォーマンス  
12:00
ビアジョッキ リフトアップ
チャンピオンシップ
12:00
ビアジョッキ リフトアップ
チャンピオンシップ
12:15~12:30  
12:30~12:45  
12:45~13:00    
13:00~13:15        
13:15~13:30        
13:30~13:45   13:30
北川 桜
   
13:45~14:00      
14:00~14:15     14:00
ヘルマン ハープ
14:15~14:30    
14:30~14:45      
14:45~15:00      
15:00~15:15   15:00
Code M
15:00
Andi Starek
 
15:15~15:30    
15:30~15:45    
15:45~16:00      
16:00~16:15        
16:15~16:30        
16:30~16:45 16:30
北川 桜
16:30
阿部 志織
16:30
杉並グレースランド
16:30
Moritz Nicolaus Schuster
16:45~17:00
17:00~17:15
17:15~17:30  
17:30~17:45   17:30
Rooms
   
17:45~18:00      
18:00~18:15 18:00
オープニングセレモニー
  18:00
クロージングセレモニー
18:15~18:30  
18:30~18:45 18:30
Moritz Nicolaus Schuster
    18:30
Seth Schwarz
18:45~19:00    
19:00~19:15 19:00
Do I Smell Cupcakes?
19:00
Do I Smell Cupcakes?
19:15~19:30  
19:30~19:45    
19:45~20:00    
20:00~20:15 20:00
Jaribu Afrobeat Arkestra
20:00
Pari San
20:00
Snare Cover
 
20:15~20:30  
20:30~20:45  
20:45~21:00    
21:00~21:15        
21:15~21:30        
21:30~21:45        
21:45~22:00        
  11/2(木) 11/3(金) 11/4(土) 11/5(日)
11:00~11:30
11:30~12:00
12:00~12:30 タイトル:ドイツのアロマケア「季節の変わり目、自分でできる免疫ケア」
講師:かわのゆかり
内容:年末に向かって、心身ともに無理なく過ごせるようドイツ本場のアロマケアを取り入れてみませんか?
ドイツの医療分野でのアロマセラピーそしてアロマケアについてお話しします。
そして実際にアロマオイルを使ったセルフケアをしてみましょう。
募集人数:10人くらい
参加費:2000円(アロマオイル、またはアロマスプレー付)
連絡先:yukari01067@gmail.com
タイトル:ドイツのアロマケア「お疲れな私に、少しで変わるアロマケア」
講師:かわのゆかり
内容:疲れがどこから来ているのかは人それぞれです。まずはそれに向き合ってみましょう。
ドイツの医療分野でのアロマセラピーそしてアロマケアについてお話しします。
そして実際にアロマオイルを使ったセルフケアをしてみましょう。
募集人数:10人くらい
参加費:2000円(アロマオイル、またはアロマスプレー付)
連絡先:yukari01067@gmail.com
タイトル:ドイツソーセージのお話
講師:森本智子
内容:ドイツはソーセージの国ですが、ドイツソーセージについて具体的にどんな物があるのかお話します。
募集人数:12人
参加費:1,500円
連絡先:info@elfen.jp
12:30~13:00
13:00~13:30 タイトル:ベルリンの最新クラフトビール事情
講師:おさんぽベルリン(久保田由希、松永明子)
申し込み先(フォーム):
https://form.os7.biz/f/82eefbd3/
詳細はブログにて:
http://osanpoberlin.blog.fc2.com/blog-entry-242.html
13:30~14:00 タイトル:「ふわふわのくま なつかしいドイツの街・ツェレで遊ぶ」サイン会
講師:原田みどり
内容:絵本のサイン、似顔絵描き、新作2018年カレンダーを領布します。
似顔絵-1枚5000円、絵本-1620円、カレンダー-600円
連絡先:aireverte@hotmail.com
14:00~14:30 タイトル:ハーブ療法の母 ヒルデガルトの家庭でできるドイツ自然療法
講師:長谷川弘江
内容:中世ドイツの修道女ヒルデガルトの自然療法はハーブや石など身近にあるものを使うシンプルな癒しの方法です。ドイツの自然療法をご紹介。編集協力した新刊付き。実習はドイツ薬局方に準拠したアロマラントの精油を使った香りの栞つくりです。参加費(材料費、新刊込1500円)
募集人数:15名
参加費:1500円 (材料費、新刊込1500円)
連絡先:
TEL: 0901469526
E-MAIL: hankakualice@yahoo.co.jp
14:30~15:00 タイトル:クリスマスツリーを手作りしよう!
講師:ミルフルール 木下順子
内容:ヨーロッパの木の実とスパイスのクラフトを手作り体験していただきます。
今年は、壁掛けクリスマスツリーを作ります。
参加費:2,500円より
連絡先:info@hanataba-net.com
申込みページ:
http://kokucheese.com/event/index/493081/
15:00~15:30
15:30~16:00  
16:00~16:30 タイトル:石花ワークショップ「ドイツの達人・ハイコに学ぼう!」
講師:石花ちとく、石花とかん
内容:石花(ロックバランシング)の実演と体験
随時、誰でも、投げ銭にて♪
連絡先:master@ishihana.club
タイトル:ドイツのパンとビールマリアージュセミナー
担当者氏名:根岸絹恵
内容:ドイツパンとビールの基本的な説明と、試食試飲
募集人数:20名
参加費:1000円
連絡先:kinuenegishi@gmail.com
16:30~17:00
17:00~17:30 タイトル:キャンドル作りワークショップ
講師:東京ミモレ
内容:カラフルな砂でサンドアートを楽しみ、サンタやツリーなどガラス細工を使用してクリスマスキャンドルをお作り頂けます。
3歳位のお子様からご参加いただけます。予約不要。随時受付。
参加費:1,500円から
タイトル:キャンドル作りワークショップ
講師:東京ミモレ
内容:カラフルな砂でサンドアートを楽しみ、サンタやツリーなどガラス細工を使用してクリスマスキャンドルをお作り頂けます。
3歳位のお子様からご参加いただけます。予約不要。随時受付。
参加費:1,500円から
17:30~18:00
18:00~18:30
18:30~19:00
19:00~19:30
19:30~20:00
20:00~20:30
20:30~21:00

JariBu Afrobeat Arkestra

日本のインストゥルメンタル・アフロビートバンド。

アフロビートとは、アフリカはナイジェリアの英雄であるフェラ " アニクラポ " クティが発明し、提唱した音楽。
そのアフロビートを継承し、更に深化創造する決意のもとバンド名を JariBu と命名(jaribu(ジャリブ)とは「挑戦する」という意味のスワヒリ語。)

2009 年、ライブ会場のみで販売されたミニアルバム「Afro Sound System」(完売)をリリース後、Fuji rock festetival 2009 に出演。

2010 年 7inch Vinyl のみで発表された "Legend Of Yoruba" を含む初のフルアルバム "MEIDACRACY" が 2011年リリースされる。

菊池成孔 DUB SEXTET のメンバーでもあるエレクトロ界の重鎮パードン木村のミックス&マスタリングのこのアルバムは、2012年1月ドイツ Tramp Record からも全世界に向けてリリースされた。またTramp Record からは別エディット となる 7inchVinal も同時リリース。

2012年4月、シンガー&ラッパーの COMA-CHI のシングル"Endless rhythm EP" にて生演奏によるリミックスに参加。
2012年6月 2nd アルバム "No More Patient" を経て 2014 年 6 月、2年振りとなる 3rd アルバム "JARIBU" 日独を中心に全世界同時リリース。
そして、2009年以来5年ぶりとなる、Fuji Rock Festival2014にも出演を果たした。

2015年より、アフロビートのみで構成されたイベント「トウキョウシュライン」を主宰。同年11月には韓国に、また、2016年10月には2週間にわたりフランス・スペイン・ツアーを敢行させた。2017年、新たなメンバーを加えてレコーディングを終え、シングル3タイトルをリリースする予定。

■ Discography

SG-010 "Legend of Yoruba Pt.1&2 (7")
SG-013 "MEDIACRACY" (CD)
SG-014 "MEDIACRACY" (2LP) released from Tramp Records
SG-015 "No More Patient" (CD)
SG-017 "Deeper feat. COMA-CHI / D.I.G." (7")
SG-024 "JARIBU" (CD)
SG-025 "JARIBU" (2LP) released from Tramp Records

Moritz Nicolaus Schuster

Code M

「岩田卓也&MAKI」
尺八演奏者・岩田卓也と作編曲家ピアニスト・MAKIのDuo
共に東京藝術大学を経て、活躍する中、見つけた二人の音楽。
コンセプトは「互いの感性と意見をぶつけ合い、二人の偽りの無い共鳴を導き出すこと」
岩田が歌い上げることでMAKIを触発し、新たな難題を岩田が受ける。この循環がこれまでの尺八では考えられないようなテクニックと発想を持った音楽へと昇華させた。 Duoという最小のアンサンブルでできる、限りない表現へ。

MAKI
作編曲 ピアノ
東京藝術大学作曲科卒業。2000年パフォーマンス集団code"M"(こーどえむ)を発足。プロデューサー、作編曲家から演奏までをトータルに手掛ける。独自のスタイルで「美宇宙の響宴」「和の調べ」「HAMtrio」など小編成から大編成までのコンセプトシリーズを展開。FIFA Club Worid Cup、飛鳥IIクルーズ、BVLGARI、OMEGA等企業イベントからブライダルシーンまで様々な音舞台を演出。作編曲家としては和洋ボーダレスな作風から、AUN J クラシックオーケストラ コンサート(2013 クロアチア)、 日生劇場アリスのクラシックコンサート(2014 東京 etc)、 東海市芸術劇場 オープニングコンサート(2015 愛知)など、オーケストラ、歌舞伎、ダンス作品など楽曲提供多数。2014年から『Untouchable Tune』『祈りのクリスマス』『美宇宙の響宴』と立て続けにアルバムリリース。2017年 code"M"として初の歌ものアルバム『お陽さまとお月さま』リリース、プログレ野獣バンド「Wolf Tone」としてもアルバム『Wolf Tone』リリース。
www.codem.info

岩田卓也
尺八
東京藝術大学中退。2002年NHK邦楽オーディション合格。2004年、長谷検校記念全国邦楽コンクールにて最年少で最優秀賞と文部科学大臣奨励賞を受賞。地元・常滑市より表彰される。2009年第6回東京邦楽コンクール、優勝。2012年国際尺八コンクール(京都)優勝。世界一のタイトルを獲得。ジャズピアニスト板橋文夫とのライブセッション、コシノジュンコやクリスチャン・ディオールのショーで演奏。坂本冬美ステージメンバー。テレビ出演は「紅白歌合戦」「芸能華舞台」(NHK)など。NY芸術見本市に日本代表として出演。天性の音程感覚と卓越したリズム感を併せ持ち、そこにテクニックが加わり自身がこだわる《尺八にしかできない感情表現》を体現している。
https://iwatatakuya.jp/

阿部詩織

バイオリニストとしては比較的遅い10歳でバイオリンの演奏を始める。
高校時代には独自にユニットを結成して路上ライブや野外イベントでの演奏を数多く実施。
現在「生演奏を身近に」をテーマに、コンサートやライブ、政治団体や企業主催のパーティなどでの演奏を中心に、「会いに来るバイオリニスト」として精力的に活動中。
2014年より東京ヴァイオリン所属
一方で2012年、中高年の男性を中心とした、かっこいいオヤジになる為のバイオリン教室「Ginza el Majesta」を設立。
アーティストとしてのみならず、指導者としてもバイオリンの普及に従事している。
また、ミス•ワールドジャパン2014ファイナリストとして音楽以外にも活動の幅を広げる。
2015年4月、ニューヨークのカーネギーホールにて「日米友好親善公演」に出演。
6月には、グランドハイアット東京@六本木にて単独ディナーショーを開催し、100名動員する。

Snare Cover

「2001 年、当時高校 3 年生だった斎藤 洸 (Gt.Vo) を中心に SNARE COVER 結成。祖母が詩吟の師範だったことから、幼少よりその 影響を大きく受けた斎藤の作り出すメロディ、そしてその声は唯一無二の世界観を確立しており、早い段階で噂となる。 ミニアルバム 3 枚をリリースした後、2016 年秋に斎藤のソロワークとなる。2017年夏、世界最大規模のバンドコンテスト「エマージェンザ」にて日本代表に輝き、ドイツ国際大会にてベストシンガー賞受賞。また、斎藤は書籍等も出版されている大人気子猫の"わさびちゃん′′のお父さんとして全国的に知名度が高いという側面も持ち合わせている。」

ヨーデル 北川 桜 の世界

エーデルワイス ムジカンテン

エーデルワイス・ムジカンテンの音楽は、参加する音楽です。
ただじっとすわって聴く音楽ではありません。 聴いて感じたら、体が動いてくる。
声をあげ、手をたたき、音を立てたくなる。 そうして楽しんで、参加した人が生き生きとリフレッシュする音楽です。
となりの人と腕を組んで仲間になる、参加する、そういうスタイルの楽しい音楽です。 あの偉大なバッハも、天才モーツァルトも、聴き、参加して、育った音楽です。

エーデルワイス・ムジカンテンの音楽は、西洋音楽の基礎の、民族音楽です。

壮大できびしい大自然に立ち向かい、その美しさを歌う歌です。
アルプス地方の人たちが生活を愛し、自分の村を誇る歌です。
夏は、牛や羊を飼って、山のセンテヒュッテという山小屋で暮らす、お父さんたちは、さびしいので、樅の木を切ってきて中をくりぬき、ホルンをつくって、プープー吹いてみました。 それで、遠くの山小屋と連絡をとりあいました。 毎日、アルプスの山々が夕焼けで燃えるようになるころ、ふもとの村の家族に、「今日も元気だよ」とアルプホルンを吹き鳴らしました。
ヨーデルは魔除けにもなりました。カウベルも魔除けの音を立て、アルプスの人たちはそれと、普段使っているスプーンを楽器にしたりして、生活の中から、力強い音楽、生きている喜びの音楽を作り出しました。
大自然に感謝する歌、生活の歌、仲間と家族の愛の歌です。

子どもたち、家族、地域の人たちが参加して、人間の愛を育てていく・・・・これが、エーデルワイス・ムジカンテンの音楽です。

Do I Smell Cupcakes?

+++ Pari San (Rough Trade Records)

Pari Sanは対なる二つの世界を象徴している。イランとベルリン、理性と興奮、制御と衝動、試みへの熱望と情緒性。Pari Sanはインターナショナルに活動し、Fusion Festival、Tollwood Festival、Berghainを含む数々のステージでプレイしてきた。彼らデュオのデビューアルバム“Magmatusm” (co-produced by Markus Popp aka Oval)が間も無く完成し、日本で初披露される。
https://www.facebook.com/PariSanPariSan/
http://www.youtube.com/PariSanPariSan
http://www.pari-san.de/

ROOMS

知る人ぞ知るダンス&パフォーマンス集団“ROOMS Product”が今年もドイツ・フェスティバルのイヴェント・ステージに登場! 「白雪姫」「赤ずきん」「ヘンゼルとグレーテル」「ブレーメンの音楽隊」などおなじみグリム童話をモチーフにキレキレのダンスとシュールな笑いをお届けします。

ビアジョッキリフトアップチャンピオンシップ

ステージ上で、マスジョッキ(1リットル)を片手でどれくらい上げていられるかを競う来場者参加型のゲームです。
我こそはと思う力自慢はステージ前に集合!!
優勝者にはマスジョッキ一杯のビールをプレゼント!!

杉並グレースランド

今なお世界中で高い人気をほこるアメリカのスーパースター、故エルヴィス・プレスリーをカヴァーするアコースティック・ユニット。エルヴィスがその人気の絶頂時に一時活動を休止してドイツで兵役に赴いたことはロック史に残る大事件で、その体験をもとにエルヴィスが主演した映画『G.I.ブルース』は世界的ヒット作となりました。今回のステージではその『G.I.ブルース』でエルヴィスがドイツ語で歌い話題となった「さらばふるさと(Muss I Denn)」をカヴァーするほか、「ラブ・ミー・テンダー」「好きにならずにいられない」などおなじみの大ヒット曲もお届けします。

アンディさん&トーキョー・シュピッツブアム

Andisan & Tokio Spitzbuam

今年4月に「東京ビアホールライブツアー」を成功させ、一躍人気者になったミュンヘン出身のシンガーソングライター、アンディさん。 今年は"ディー・キルヒドルファー"の一員としてミュンヘンとモスクワ、ドバイのオクトーバーフェストに出演、活躍の場を拡げているアンディさんだが、 今回クラリネット奏者"ADI"こと木原亜土の新バンド"トーキョー・シュピッツブアム"とコラボレーション!アンディさんの「バイエルン魂」とトーキョー・シュピッツブアムの「ドイツ語圏の音楽愛」とが融合して、はたしてどんなステージになるか……お楽しみに!

ドイツが贈る音楽のバリアフリー ヘルマンハープ演奏

「ヘルマンハープは1987年にドイツの農場主ヘルマン・フェー氏がダウン症の息子のために、開発したバリアフリーな弦楽器です。日本では、今や4000人以上の人が「みんなのための楽器」として、演奏やボランティア活動を楽しんでいます。」

【出演者プロフィール】
ヘルマンハープの奏法を世界で初めて開発した、ヘルマンハープ奏者で、日本ヘルマンハープ振興会会長の梶原千沙都と、認定インストラクター、ハーピスト会員の総勢37名による演奏。

+++ Seth Schwarz (3000Grad)

クラシックを練達したバイオリニストSeth Schwarzは旋律を好む。彼は、Burning Man、Amsterdam Dance Event、The BPM Festival、Fusion Festival、Africa Burnに加え、ヨーロッパ、北中南米、アフリカで数多くのコンサートをこなしてきた。エレクトロニックミュージックとクラシックの融合によって、彼は実にシンフォニックで壮大な〝音の爆発〟を起こす。
https://www.facebook.com/sethschwarz.official/
https://soundcloud.com/seth-schwarz
http://www.sethschwarz.com/